戸建てリフォーム

戸建て
戸建てはリフォームの自由度が高く、法的問題や強度・耐久性の問題をクリアすれば、部位的なものから全体的なものまで幅広く行なえます。間取りの変更、耐震性や断熱性の向上、増築や減築、水まわりの交換、エクステリアの改修など、ご要望に応じて可能性が広がります。神奈川県横浜市のLIXILリフォームショプ天野不動産は、こうした各種戸建てリフォームを臨機応変に承ります。

living kitchen

家族が集まるリビングキッチン
温かみのある無垢材を贅沢に使用したリビングキッチン。ウォールナット材にすることで壁の白が際立ち、明るいお部屋を演出しています。また、従来のキッチンに比べてIランドキッチンは広々としており収納スペースも豊富。さらに開放的で家族やお客様との距離も縮まりやすいのが魅力です。
食卓は家族とのコミュニケーションの場として大切な場所。自然と家族が集まってくるようなダイニングキッチンを目指しました。

ガーデンルームで
プラス空間を!

家の内側と外側を繋ぐお気に入りの空間
長年過ごしてきた住まいも、家族構成が変わると使い方も見え方も変わってきます。これからの住まい方を考えると、家での生活をもっとゆったりと居心地の良いところにしたいと思います。リビングから外へ向けてもっと開放感のある空間を作ることで、新しい生活を楽しみませんか。

カーポートを追加する

リフォームで快適になるカーライフ

今や車は家庭に1台ではなく、1人に1台の時代。お子様の成長などで、複数台の車を所有しておられるご家庭も多いのではないでしょうか。カーポートを追加して、お子様夫婦用、セカンドカー用、来客用などの駐車スペースを設けてみませんか?カーライフを快適にする、最適なプランをお届けいたします。

趣味の部屋で
悠々自適に。

豊かさとくつろぎのある空間に

定年後に備えたくつろぎの空間づくり、趣味を楽しめる書斎づくりなど、間取りのリフォームを行なうことで、住まいはもっと暮らしを楽しめる場所へと変化します。ライフスタイルや趣味、お好みなどを私たちにお伝えください。お客様1人1人に寄り添った、細やかで柔軟なリフォームが弊社の自慢です。

初めてのリフォームでも安心の提案型

不安を解消する誠実なサポート

初めてのリフォームでなにも分からないという場合も、LIXILリフォームショップ天野不動産が誠実・丁寧にサポート。お客様の理想とされるライフスタイルや、住まいの現状、ご予算など考慮し、ベストなご提案をお届けいたします。もちろん、いくつかのご提案をすることも可能ですのでご安心ください。
項目を追加

House

リフォームのポイントをご紹介
代々受け継がれた技術
美しい建築へのこだわりは誰よりも強く一切の妥協をしないその姿勢は国内外から大きな評価を受けている美しい建築へのこだわりは誰よりも強く一切の妥協をしないその姿勢は国内外から大きな評価を受けている
トータルリフォーム
数十年住み慣れた家を老朽化に伴い全面リフォームをする、中古物件を購入して思い通りの理想の住まいを作っていく、夢の実現。
間取り変更
仕切り壁をとって、キッチンをリビングダイニングと一緒にすることで、会話の弾む理想のLDKが完成します。

増改築
2世帯住宅を考えるとき、既存の一部を増築部分に足して、1F親世帯、2 階子世帯と新たな住まい方を考えます。

サッシ・窓・玄関ドア交換
玄関・窓などの開口部リフォームは美観や快適性、防犯性の向上のみならず、断熱性能の向上に効果的です。
内装リフォーム
洋室は、壁・天井クロスを張替えたり、和室は、ふすまや畳の表替えなどで手軽にインテリアイメージがアップします
システムキッチン
機能性の向上した最新システムキッチンは、作業性がアップし作る人も食べる人も笑顔にします。
洗面化粧台・浴室
高機能を備えた最新設備への入れ替えでより清潔・快適な水まわり環境が実現。

トイレ
毎日使うトイレだからこそ、使い勝手の良さとお掃除のしやすさを考慮した空間づくりが大切です。
造作収納
「断捨離」を進めていくとスッキリしますが、その後に使い勝手も考えれば更に居心地の良い生活が遅れます。
外構エクステリア
外構・エクステリアの改善はライフステージをワンランク豊かなものにします。

バリアフリー
高齢化社会に備えたユニバーサルデザインで、すべての人にやさしい住まいを。

ガーデンルーム
外と中を繋ぐその空間は、住まう人によって使い方は様々。ウッドデッキとともに生活の幅を広げます。
屋根は建物を守る重要な場所。長持ちさせるには定期メンテナンスが必須です。

外壁工事
定期的なシーリング工事や再塗装の実施で、美観維持や長寿命化に繋がります。

門扉・フェンス・車庫まわり
ひと家族で複数台の車やバイク、自転車など保有している場合、庭の一部を駐車スペースにするのもおススメです。
項目を追加